マインドセット

良質な質問が子どもの成長を促します

子どもの意欲喚起プロフェッサー
白ひげ塾長です。

今日のテーマは

良質な質問が子どもの成長を促進する

です。

 

わたしは2005年から本格的にコーチングを学び
一般社団法人日本青少年育成協会で教育コーチングを学びました。

その後、2011年よりスピードコーチングというコーチングスクールに赴き
あのベストセラー『億万長者専門学校』のクリス岡崎がつくりあげた
MOVEコーチング認定講座
というものを学び

2012年にサンディエゴ、2014年にフロリダ、2018年にシドニーで
アンソニーロビンズからコーチングを学びました。

それらの学びから、子どもの成長や意欲喚起をするなら
教えることではなく、学ぶことよりも
気付いてもらうことの方が大切ということを痛感してきました。

 

いらい、子どもと接する際はいかに良質な質問を
ストロークするかということに心を砕いてきました。

すると中1生がこんなことを

今日は中1生から方程式の質問がありました。

 

「この問題なんだけど…」

 

考えたけど答えが出ない悔しそうな顔で持ってきました。

 

「左の式は予定を表していて、右は取り違えた方の式。あっていると思うんだけど答えが合わない。」

 

見ると、式はあってます。

 

あ~、計算が違っている。

 

その子は

 

「何でこんな間違いするのかなー」

 

とかなり悔しそうでしたo(TωT )

 

しかし、私の心の中は

 

なんていい質問ができるようになったんだろう

 

と嬉しさいっぱいでしたヘ(゚∀゚*)ノ

 

本当に数学が苦手で、文字式の意味なんて全く分からなかったのです。

 

その子が面談で「方程式をできるようになりたい」と宣言してから、

 

質問の内容がガラッと変わったんです。

 

 

一言で「質問」と言っても、いろいろな聞き方があります。

 

それによって、自分自身の成長は変わってきます。

 

では、どんな質問があるかというと、

例えば

「数学が分からない」

 ・・・広すぎる (・_・;)



「空間図形が分からない」


  ・・・まだ広い σ(^_^;)

「錐体の体積の求め方が分からない」

 OK!(o^-‘)b じゃあどこまで考えた?

 「この問題で、こういう風に考えて式を立ててみたんだけど、どこが間違っているかわからない。」

 よーしっ!どれどれ(°∀°)b

となるわけです。

 


本気で考えた後の質問なのか、答えを出すことを依存する質問なのか、

 

同じ質問でも、全くの別物になります。

 

質問には子どもを成長させる力があるのです。

だから、私は、ただ分からないという質問には答えません。

 

「ここまで考えたけど…」という答えが返ってくる質問をすることで、分かるためのヒントを出していきます。

 

お母さんあなたも、お子さんの成長や意欲を引き出すための質問を学んでみませんか?



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。